性病検査キットって信頼性があるの?

性病検査キットは、病院や保健所のように誰かに会って会話する必要も、わざわざ時間を作ってスケジュールを合わせる必要がないことから、近年利用者が増え人気が出ています。

そうすると当然、性病検査キットを販売する会社が増え、沢山の商品が発売されました。

検査キットの信頼性に対する問題

現在では法律によりしっかりと対策され、「なんか怪しい・・・」と感じる検査キットは一時期に比べて大分減りました。

それでも不安に感じてしまう部分は拭えません。

万が一、検査の信頼性や精度が悪い検査キットを買ってしまった場合、お金や時間をムダにするだけでなく、健康を害してします可能性もあります。

最悪のケースでは、性病の重症化して不妊症や症状の慢性化なんてことも考えられます。

このような問題を防ぐために、信頼性があり精度の高い性病検査キットを選びましょう。

登録衛生検査所による検査の商品を選ぶ

性病検査キットの信頼性自体に問題がないとして、次に浮かぶ問題があります。

「信頼性が高い性病検査キットってどれ?」

これに関しての答えは、『登録衛生検査所』による検査を実施している検査キットを選びましょう。ということになります。

登録衛生検査所とは、国の法律によって定められた臨床検査の基準をクリアした施設のことです。つまり、この施設で検査をされていれば、国が認めるレベルの結果が出るワケです。

詳しくは『性病検査キットに関する信頼性について』をご覧ください。

 

一番怖いと言われている性病はHIV

性病の中でも放置することで深刻な問題を抱えることになるのはHIV(エイズ)です。

HIVは感染してからすぐに気づくことが出来れば、少ない薬を飲み続けることで、体の不調や皮膚などの見える範囲での異常を抑えることができます。

しかし、発見が遅くなればその分だけ症状を強くなり、最悪のケースでは死に至る恐ろしい性病です。

 

性病検査キットの使い方

性病の検査キットはキットの説明事項に従って自分でチェックするもので、性別や検査できる病気に合わせて数種類販売されており、ちょっと不安だけれども病院に行ってまで調べたくはないという方にはまさにうってつけの存在と言えるでしょう。

また自覚症状の有無にかかわらず、パートナーが性感染症を罹患した場合は自分にも感染している可能性が非常に高くなるため自覚症状がなくても検査キットなどで簡易検査を行い、もし感染が特定できた場合にはその結果をもって速やかに病院で治療を受ける必要があります。

性感染症と名付けられているため性行為を行わなかったから安全と考えるのは危険な考えであり、病気によっては唾液感染など複数の感染経路を持っている病気もありますから確実に検査を受けるようにしましょう。

自宅で受けられる検査ですから、万が一検査で陽性が出たとしてもそれを第三者に知られる可能性はほぼありませんし、結果が陽性ならばそれを機にしっかりと病院で治療する必要があることを明確にしてくれます。

大切なことは、自分とパートナーが二人一緒に検査を受ける事であって、片方が安全だったからと言って問題がないということにはならないという点で、どちらかが少しでも異常を感じた場合には二人そろって検査キットを利用して簡易検査を受けるということです。

早期発見早期治療が大切ですから、まだ病気と決まったわけではない状況で病院での検査にためらいを覚えるならばまずは匿名で受けられる検査キットを有効に活用するとよいでしょう。

信頼性のある性病検査キットガイド