「淋病」は進化を続ける怖い性病

淋病(淋菌感染症)は、男女ともに感染するのはもちろんですが、男性の方が強い症状があらわれ、女性は気づかないケースが多いのが特徴的な性病です。

ただし、女性にも強い症状があらわれることもあります。

淋病の感染確率は、一度の性行為で約30%というかなり高い確率で、クラミジアの次に感染率が高くなっています。

淋病の症状

淋菌との接触による淋病感染の発症するまでの潜伏期間は約2〜10日間です。

男性の淋病の症状

男性が淋菌感染症に罹患した場合に現れる症状としては、尿道炎や精巣上体炎で尿道から白みがかった粘り気のある膿が出たり、尿道のかゆみや痛み、排尿時における激痛などの症状が現れ、適切な治療をせずに放置していると前立腺炎や血精液症まで至る可能性があります。また、精巣上体炎になると陰嚢が激しく痛むときがあるうえ、治療後には無精子症となる可能性もあり得る病気です。

男性が淋菌感染症に感染した場合は痛みを伴う症状が強く出ることが多いため、比較的早期に発見されることから治療も早く行えるので精巣上体炎まで進行することはほとんどありません。

女性の淋病の症状

女性が淋菌感染症に感染した場合に現れる症状は、おりものの増加や不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどが出てくる可能性がありますが、女性が淋菌感染症にかかった場合には自覚症状があらわれることが少なく、感染していることに気づかないまま症状が進行していく可能性が高く、そのままにしておくと欄可燃や骨盤腹膜炎を引き起こして子宮外妊娠や不妊症の原因にもつながる病気です。

淋菌感染症は感染力は高いですが、男性の場合には症状が表面化する場合が多いため治療も早く行うことが出来ますし、それによってパートナーである女性にも感染の可能性があることがわかることから自覚症状が無くても検査によって早期発見が見込める病気で、治療方法も確立していますから感染がわかったら速やかに病院へ行き適切な治療を受けるようにしてください。

薬が効かないスーパー淋菌

治療方法としては症状に合わせた注射と抗生物質の投薬によって処置がなされるもので、医師の指示に従っていれば1週間程度で治る病気です。

しかし、淋菌は抗生物質が効かない耐性菌も増えてきているので、再感染しないように注意が必要ということも覚えておいてください。

また、淋菌は自然治癒はしません。ジスロマックやクラビットの投薬や注射、点滴が主な治療法となります。

進化する淋病の背景

近年、海外からの観光客が増加し、島国の日本では少なかった外国人との接触が増えたことが要因の1つとされています。

大陸からもたらされた病気が、日本にももたらされ抗生物質が効かなくなっているのです。

これらに対抗できる新薬の登場が待たれています。