「HIV」は正しく知れば怖くない!

HIVとはエイズウイルスのことを指し、正式にはヒト免疫不全ウイルスという名称であってHIV感染者すべてがエイズを発症するものではありません。

HIVに感染したまま何も治療を受けないでいると、通常の健康な人であれば問題にならないウイルスや菌によって病気にかかるようになり、この状態まで来ると初めてエイズと診断されるようになります。

 

HIVが発症するとどんなことが起きる?

HIVの感染経路はすべての性行為とHIV保菌者の血液が粘膜に触れることによって感染しますが、日常生活における感染経路はほとんど存在せず、一度体外にでたHIVは感染力を著しく失うため通常の日常生活ではまず影響を受けることはありません。

HIV保菌者の唾液や汗などの体液にも微量にHIVは含まれますが、感染前に死滅してしまう程度のわずかな量しか含まれていませんので必要以上に恐れることはありません。体液の中でHIV濃度が高いのは血液、精液、膣分泌液、母乳です。

 

HIVへの感染確率が高い行為とは?

日本国内におけるHIV感染経路は主に3つ。確率が高いの以下の順です

  1. 性行為
  2. 血液との接触
  3. 母子感染

感染予防の心構え

性行為はコンドームをつけるなど、セーフティセックスを心がけること。また、不特定多数のひととのSEXは避けることです。

血液による感染は、注射器の消毒や、不衛生な場所ではあまり直接ものに触れないようにするこです。HIV保菌者の血液を傷口などに直接受けるといったような行為でも感染が考えられます。

また、病院などの医療機関では注射針の二次使用は医療法で認められていないので心配不要です。

母子感染に関しては、現代医療の進歩のおかげで妊婦健診で母体のHIV感染が判明した時点で適切な処置を施すことにより胎児への感染を防ぐことが出来ます。

現在では妊婦健診の際にHIV検査をして陽性反応が出た場合、そのまま出産すると胎児への感染率は30%ほど。

その時に適切な対策を取って出産すると感染率は1%以下にまで抑えられるようになっています。投薬、帝王切開、人工授乳の3段階を踏に、HIVに感染していない健康な新生児を出産することが出来ます。

 

普段の生活でHIVに感染することはほぼない

HIVはそのウイルス保菌者の体液や粘膜と、あなたの粘膜や細胞に接触する場合にのみ感染します。つまり性行為をのぞく日常生活では感染することはほぼあり得ないと言えます。

気をつけたい行為

ケガをしているひとを見かけて、処置のために傷口を舐める行為は危険です。

また、公共浴場などでも、カミソリによる出血や使いましによる血液感染もゼロとは言えません。できる限り清潔なものを利用し、ものの二次使用は避けましょう。

どうしても心配であれば、病院や保健所での検査をおすすめします。対面が好ましくないのであれば、ネット通販で買える性病検査キットの検査もおすすめです。