「梅毒」が日本で流行中!?もはや昔の性病ではありません!

その昔、梅毒は不治の病として世界中で恐れられた性病でした。

しかし、近代になりペニシリンが発見されると治療法が確立され、ほとんどのケースで死に至ることはなくなりました。それにともなって、梅毒の感染者数も減少していきました。

ここまでは良かったのですが、現代に入り、また梅毒の流行の兆しが出てきました。

そのため、梅毒に関して基本的な知識を蓄えて最悪のケースを回避できるようにしておきましょう。

梅毒の症状

梅毒はトレポネーマという病原菌が感染することでさまざまな症状を引き起こします。

小さな傷口や粘膜からトレポネーマが体内に侵入し、血液を媒介としながら体の全体に広がり皮膚や体のいたる所に病状が発生します。

感染経路

性行為全般で感染しますが、注意が必要なのは、キスのような行為でも十分に感染する可能性があるということです。極端な話し、あなたの傷口と梅毒のある傷口が接触することでも感染します。

母子感染に関しては、特殊なもの以外では現代医療のおかげでほぼなくなったと考えて良いでしょう。

男性女性の症状は変わらない

梅毒の症状は、男女において大きな違いはありません。

初期症状の第1期から第4期までの段階に分れ、症状が分れます。

第1期:感染〜3週間

感染した部位に小さな豆粒程度のしこりができ、リンパ節や太ももの付け根に腫れや違和感を感じます。痛みは感じないか少ない。

発症から、半月前後で一度治まります。

第2期:約3ヶ月〜3年

足や腕、顔などにピンクの斑点のようなあざがでてきます。徐々に赤味が強くなりあざの数が増え、脱毛症状もみられるようになります。

この症状は3ヶ月〜3年間と個人差あるものの、また一度治まります。

第3期:感染から約3年後

これと分かるような、大きなしこり(ゴム腫・結節性梅毒疹)がでてきます。かなり進行し、まずい状況です。ただ、まだ間に合います。

第4期:第3期後

これまでの症状を放置し続けた結果、梅毒は体の機能に障害をもたらしはじめます。

その範囲は広く、分かりやすいもので「心臓・神経・血管・目」に不全が起き、死亡に至ります。

梅毒の治療

自然治癒はありえないため病院で治療することになりますが、症状の進行具合によって処置が異なります。

医師の判断にもよりますが、第1〜2期までであれば「1〜2週間程度」のペニシリン投薬での治療をし、定期的な検査をし梅毒の経過を確認しながら完治を目指します。

第3期以降であれば、入院をしながら点滴や、重度であれば手術もゼロではありません。

手遅れになる前に検査をしよう

初期段階では症状が分かりづらいですが、早期発見であれば簡単治療ですぐに治ります。

病院だけでなく、通販による性病検査キットでも検査が可能ですので、手遅れになる前に検査をしましょう。